コンクリート造がなぜ無添加なんですか?

コンクリートって何からできていると思いますか? 実は化学的には石なんです。
石って危険な石って無いでしょ?漆喰の元となるのは石灰岩ですが、その石灰岩に粘土を混ぜたものがセメントなんです。

セメントに砂と砂利を入れるとコンクリートの出来上がり。
イメージはとても化学物質が混じってそうで体に悪そうでしょ? 
でも漆喰が体に良くてコンクリートが体に悪いわけがないと思いませんか?
どちらも無機物で、腐らないし、揮発するものが無いんですよ。
イメージが悪いのは、おそらくマンションなどで黒カビが発生してアレルギーになりやすいと言われているからでしょうね。

これは、マンションの造り方に原因があるんです。コンクリートに外は防水して(吹付)、内側はビニールクロスを貼ってと、ラップで覆われたように呼吸ができなくなり、新築時のコンクリートの水分が抜けず、ずっと湿気が溜まっている状態にあるからなんです。

それと、ラット(ねずみ)をコンクリートと木の器に入れてどちらが早く死ぬかという実験をしたものを本に書かれているのを見たことがありますが、これは比較の方法に問題があります。

コンクリート打放しの仕上げだと体内の気化熱が奪われて、体感温度としては寒く感じてしまいます。でも実際同じ部屋にある木と石ってほとんど温度差は無いんですよ。

地球上でエスキモーなどの寒い地域の人をみてみると、油をたくさん摂る習性がありますが、熱を奪われるとカロリーを摂らなければいけないようになります。

ラットも同じ量のエサしか与えられていないので、カロリーが足りなくなった分早く死んでしまったという理屈です。

reform_img6-btnreform_img6-tel