アレルギーに自信がありますと書いてありますが・・・どのようなことですか?

無添加住宅を建てられたお客様によく聞くのですが、ぜんそくやほこり、ダニアレルギーの症状がほとんど無くなったとわかりました。

でも、無添加住宅ではホコリも有りますし、ダニも発生します。
なのにそれが原因では無いとすると、一般住宅との違いは何でしょう?

実はホコリやダニの死骸が風で舞い上がって空気との摩擦で静電気を帯びて、室内の化学物質が吸着されて、それを吸い込んでいるからなんですって知ってましたか!!

また、アレルギーの仕組みを簡単に言うと、体に備わっている自分以外の物質を排除しようとする免疫システムの異常反応なんです。

元々体の表面にある善玉菌が外敵をやっつけてくれるのですが、それが少なくなると体に良いものが来ても間違って攻撃してしまい、それが皮膚に赤い湿疹となってしまうことと言われています。

揮発性化学物質(VOC)は空気より重たいので床に落ちます。ですが人が動けば空気中に舞い散ります。

ですので、例えば壁がビニールクロス、そして床が合成フローリング等の空気を通さない物を使っていたら。。。

空気中やフローリングの上に、揮発性化学物質(VOC)が残留します。
赤ちゃんってハイハイしますよね。その体に善玉菌が一番必要な赤ちゃん。。。

どうなるか想像つきますよねか? だから多いんですアトピー。 

でも、この室内に塗っている漆喰は弱アルカリで、除菌作用が高く、昔から発酵食品、醤油や酒蔵の壁に塗っていたように、人間が必要なコウジ菌が棲みやすい環境なんですよ。

また、ビニールクロスと違って、小さな小さな空隙(洞窟のような穴)が有るんです。そこに揮発性化学物質(VOC)を一定時間保管し自然分解する作用を促してくれるんです。だから、室内もクリーンなんです。大きく深呼吸してみてください、新築なのに新築の臭い有りますか? 新築の臭い=VOC質の臭いなんです。

reform_img6-btnreform_img6-tel