ニュース&トピックス

【熊谷市銀座3丁目土地】で建築した場合の参考プランコンセプト

 

 

 

■建物面積

 

 

1F59.62㎡ (18.04坪)
2F54.62㎡ (16.52坪)
吹抜5.0㎡  (1.51坪)
延床面積114.24㎡(34.56坪)

 

 

■想定家族構成

 

★夫婦2人
★子供1~2人
 
・通勤に高崎線を利用するご主人、
・市内隣接でパート勤めをする奥様
・保育園に通う幼児
の3人暮らしを想定。

 

 

■コンセプト

 

 

 

 

~街中でも寛げる 茶屋スタイル空間の無添加住宅~

 

 

 

■設計趣旨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統的建築に近づけた茶屋様式スタイルのデザインを取り入れた。

JR熊谷駅 徒歩6分の商業地域という利便性に優れる立地という反面、

プライバシーの確保がしづらいというデメリットの解消を試みた。

 

 

 

 

 

 

茶屋様式スタイルの“千本格子”を取り入れることで、

外部からの視界を極力さえぎりながらも室内からは

景色を遮らない。

 

平日も休日になるくらいリラックスできる

室内空間を創りあげた。

※画像はイメージです

 

 

 

 

素材は自然素材を基本とした無添加住宅仕様

内外壁は漆喰無垢の床無垢の建具、接着剤は米ノリで仕上げる。

 

 

実はプライバシーだけでなく、室内の空気環境にも配慮している。

天然素材からあふれ出る「αピネン」や「リモネン」の癒し効果で、

森林浴効果と同等の作用をもたらす空間に仕上げることができる。

 

 

 

 

間取り

 

 

  

※クリックで拡大

 

 

 
 

 

 

 

くつろぎやすいLDKはあえて2Fに設置することで歩行者や車両の往来も気にならない。

バルコニーはあえて設けず、室内干しスペースを各階に設け、花粉・PM2.5などの影響を受けづらくした。

ベッドカバーや布団は布団乾燥機をご採用いただきたい。

漆喰壁の効果は高く、室内干しでも生乾きを防げる。

もちろん目線も茶屋様式の特徴である千本格子が効果を発揮する。

天候に左右されず洗濯する、干す、しまうの家事が極めて楽にすることができる。

 

 

家事にゆとりができ、外部の目線を気にせず早朝の姿、仕事帰り部屋着でゆっくりくつろげ、

安全な空気の中、至福の時間を毎日満喫できる間取りである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★このプランをお好きな角度や位置でご覧いただくことができます★

3Dビューワーをインストールをした後、プラン詳細のQRコードを読み込んでご覧ください。

プランを3Dで見るQRコードはこちら→

 

 

 

提案詳細

 

 

2020年1月14日無添加住宅のサカエプラス
カテゴリー:ニュース&トピックスタグ:, , , , , , , , , , , , , , , , ,