本当の意味で長く持つ家であること。

 

 

工業化に進んでまた支えられている日本の経済では、もはや、時間、仕組み、初期コストが 一番に考えられ天然素材を無視し続け早く簡単に安くできる工業化した素材が一般的になってしまいました。

 

しかし、振り返ってみると、その歴史は、まだ100年もたっていません。

 

何千年も前から培ってきた天然素材と共生する歴史を見逃してはならないのではないでしょうか?

 

35年もの長期住宅ローンを払いながら、さらに10年、15年、20年と高額な メンテナンス費用をかけなければならない長期“有料”住宅ではなく、

 

メンテナンス費用比較表